技能実習生事業

外国人技能実習生事業とは

日本で培われた技術、知識等を実務を通じて開発途上の国や地域へ移転し、国際貢献の推進を図るための制度です。
技能実習生の受け入れは、基本的に日本国内で許可を受けた監理団体を通して行います。
監理団体を通して入国した技能実習生は、一定期間の研修を経て、受け入れ企業(実習実施者)に入社します。
技能実習生は、3年間を1タームとして受け入れ企業(実習実施者)で実務を通して技術や知識の習得を目指します。

 

 

団体監理型.jpg

 


入国から帰国までの流れ.jpg

 


リンク:
外国人技能実習制度について(厚生労働省)

外国人技能実習制度とは(国際研修協力機構)